最新のハリウッド映画やお気に入りの海外ドラマ、取材の裏話などをつぶやきます

2018-06-08

「アベンジャーズ4」のストーリーを大胆予想してみる(3:ようやく本題編)


*「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のエンディングを踏まえたうえで予想を立てるので、未見の方はご注意ください。


昨年のD23 EXPOにおいてキャストが結集!


「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で死亡/消失したキャラクターの大半は、「アベンジャーズ4」で生き返ると断言します。

理由は簡単で、マーベルが複数の続編を進めているから。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズに関しては、ジェームズ・ガン監督が「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」に続く第3弾の脚本を執筆中で、2020年の公開予定。
「スパイダーマン」に関しても、「スパイダーマン ホームカミング2(仮題)」が2019年の公開。現在明らかになっているのはこの2作品だけですが、マーベルは2022年まで年3本ペースで公開予定を立てていいます。タイトルは明らかにしていませんが、そのなかに「ドクター・ストレンジ2」や「ブラックパンサー2」が入っているのは間違いありません。

ワールドプレミアでのチャドウィック・ボーズマン(「ブラックパンサー」)とベネディクト・カンバーバッチ(「ドクター・ストレンジ」)




いずれも第1弾がヒットしているし、主演俳優が最低3本以上の出演契約を交わしているからです。マーベルが現時点で2020年以降の公開作のタイトルを明かしていないのは、「アベンジャーズ4」においてたくさんのキャラクターが復活するを隠す目的があるのだと思います。


では、どうやってサノスに殺された人々が生き返るのか?

もっとも簡単な方法は、インフィニティ・ストーンのなかのタイムストーンを利用することです。これがあれば時間をもとに戻すことができる。「ドクター・ストレンジ」でこの能力は披露されていて、「インフィニティ・ウォー」のなかでも、再度デモンストレーションが行われています。ソーによって渾身の一撃を食らったサノスは、時間を巻き戻して、リセットしてしまいました。

「アベンジャーズ4」では、生き残ったアベンジャーズたちにとって、サノスからタイムストーンを取り戻すのがミッションになると思います。

どうやって無敵のサノスからタイムストーンを取り戻すのか? 取り戻すことに成功したとしても、ドクター・ストレンジがいなくなったいま、果たして誰に操作できるのか? ここらへんが次作の鍵となりそうです。

さらにもうひとつ、「アベンジャーズ4」の予想を立てます。それは、重要キャラクターが貴い犠牲を払う展開になる、ということです。

言い替えれば、「アベンジャーズ4」でMCUを代表するキャラクターが死ぬと予想します。

その理由は、「インフィニティ・ウォー」であれだけ悲劇で盛り上げておいて、「アベンジャーズ4」で全員が復活してしまったら、興醒めだからです。そんなの、ほとんど夢オチですよね。

ですから、誰かが不可逆的な死を迎えなければいけないと思う。

そして、その候補は2人います。スティーブ・ロジャーズ/キャプテン・アメリカと、トニー・スターク/アイアンマンの二人です。

ワールド・プレミアでのロバート・ダウニー・ジュニア。
クリス・エヴァンスはNYの舞台劇出演を理由に欠席

そもそもこの2人は、「アベンジャーズ」シリーズの核となってきた背景がある。「インフィニティ・ウォー」と「アベンジャーズ4」はこれまでのMCUのフィナーレとなる作品だから、どちらか、あるいは、両方ともが犠牲となる展開になるのではないかと想像します。どちらのキャラクターも、単独映画が3本作られ、ストーリーのバリエーションはあまり残っていない。さらにいえば、役者二人とも「アベンジャーズ4」で契約が満了します。だから、殺すにはもってこいのタイミングなんです。

では、どうやって彼らは犠牲となるのか? 「インフィニティ・ウォー」にヒントがあるとすれば、マインドストーンが関わってくると思います。マインドストーンを獲得するためには、自分が愛するものを犠牲にしなくてはいけない、というルールが存在する。そのため、サノスは愛するゴモラと引き替えに、マインドストーンを獲得した。同じことを生き残ったアベンジャーズがやるとすれば、スティーブ・ロジャースかトニー・スタークが自ら犠牲になる道を選ぶと思います。

さらに予想を続けて、どちらかが死ぬとすれば、スティーブ・ロジャースのほうだと思います。

トニー・スタークがみんなのために犠牲になるパターンは、「アベンジャーズ」で実践済みです(蘇生されましたが)。また、彼にはペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)という恋人がいて、噂ではトニーとの子供を妊娠中らしい。「アベンジャーズ4」をきっかけに第一線を退き、家庭を大事にする、という展開が似合うのではないかと思っています。

逆に、スティーブ・ロジャースに関しては、失うものがほとんどない。最愛の女性ペギー・カーターは死んじゃっているし、新しいガールフレンドのシャロン・カーターとも煮え切らない関係だ。そもそも、見た目こそは若いけれど、実際には100歳近いおじいちゃんだ。正義感が強い彼が、次世代のヒーローたちのために身を捧げるのは、ロジカルな帰結だと思うのだ。なにより、このキャラクターを演じるクリス・エヴァンスが、マーベルとの訣別を表明しているしね。

さて、自分の予想はここまで。

ただ、今後の予想が変わる可能性がある。
実は、「アベンジャーズ4」の前に、「アントマン&ザ・ワスプ」と「キャプテン・マーベル」という二つのマーベル作品の公開が予定されている。いずれのキャラクターも、「アベンジャーズ4」に大きく関わってくるはずなので、これらの単独映画のなかでヒントが提示される可能性は十分ある。そのときはまた新たな見解みたいなものを発表したいと思う。





















Post Top Ad

Your Ad Spot

ページ